刈谷のリラクゼーションマッサージメニュー予約スタッフ掲示板店舗情報マッサージクーポンお問い合わせ


●「リフレクソロジーとは」

  「まい・りふ通信」では、健康に関する事をお伝えしていきます。 ごゆっくりお楽しみください。



 さて、栄えある第一回のテーマは「リフレクソロジー」です。

一昔前には、「あるある大事典」など、情報番組でよく取り上げられ、

かなり注目されている健康法でした。

現在も、リラックスでき、血流改善が期待できる健康法として、
マッサージ店や銭湯などでよく行われています。


リフレクソロジー = 「足ツボ」、「足裏マッサージ」のイメージですが、

実は、「リフレクソロジー」は「反射学」という学問をさします。



★反射学
・「各臓器の状態」が「手足など」に鏡のように映し出され、
手足などの刺激で、臓器の不調を整えられるという学問。


★足裏反射図
この足裏図は、国や流派により多少の違いはありますが、

場所はほぼ一致します。
ツボは丸い点●で表されますが、リフレクソロジーでは、

点ではなく、面でとらえるため左のような図になります。



リフレクソロジーでは、ツボに対し、

反射し映し出される場所(地区)を「反射区」

という用語を使用します。




足裏だけでなく、反射区は体の隅々にあります。特に効果的なのが足裏なため、

一般的に「リフレクソロジー=足裏」のイメージが定着しているのです。


「足」は、筋肉や神経が複雑に入り組んでおり、脂肪の層が薄いため、

内臓の危険シグナルが現れやすい場所なのです。



足は心臓から遠く、重力の関係上でも一番血液の滞りやすい場所で

あるため、もみ、刺激することによる効果が大変高いのです。




「足は第二の心臓」といわれるのは、このような理由のためです。



★リフレクソロジーには、主に東洋式と西洋式があります。

東洋式: 良薬口に苦しとの考えから、痛く刺激します。

西洋式: リラックスメインで、香り、音楽、照明などに気を配り、

少々物足りない位の力で刺激します。

まいりふれ式(英国式):

東洋式、西洋式のよい所を両方取り入れています。

弱めから強めまでちょうど痛気持ちいい強さで施術します。




★まいりふれ式英国式リフレクソロジーの良いところ


反射区刺激による、血流改善→基礎代謝、自然治癒力の向上に加え、

眠ってしまうほどリラックスできる環境により、万病の元のストレスが

解消され、心身ともに元気になれます。



リフレクソロジーによる反射区刺激



心地よい音楽、ほどよい照明、アロマテラピー






肩、腰などお疲れの方も、ぜひ足裏のリフレクソロジー

との組み合わせをお試しください。



直接肩・腰のコリをほぐし→足裏反射区療法、全身の血流がよくなり、

ほぐされたコリの原因物質「二酸化炭素や乳酸など」を汗や尿から排出

されやすくなります。 だんだんとコリにくい体質に近づきます。




★リフレクソロジーの歴史

リフレクソロジーの歴史は、紀元前にさかのぼります。

エジプトの壁画にも、足裏を施術している姿や反射区図が残されています。

世界各地で研究が行われて現在に至り、足裏の反射区図ができあがりました。

色々な方式や反射区図があるのもそのためです。

刈谷のリラクゼーションメニューネット予約マッサージスタッフ掲示板マップクーポンお問い合わせ
Copyright (C) 2005- 刈谷のマッサージ.まいりふれ All Rights Reserved